地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

地震が起こってからの避難方法一覧

地震が起こってからの避難方法一覧記事一覧

地震の発生した瞬間

何よりも自分の身の安全を確保します。家族が周りにいる場合はいち早く指示を出し、安全な場所に隠れます一番安全なのが机などの下です。地震発生時は重いタンスや食器、本などが降ってきます。それを回避するのが肝心です机が見当たらない場合はとにかくものが落ちてこない場所を瞬時に判断し移動してください。その時、上...

≫続きを読む

 

地震の揺れの強さを自己で判断をしない

地震の揺れが小さくても、素早く最善の行動を取りましょう。例え最初の震度が弱くても次に物凄い地震が来るかもしれません一定以上の地震が起きた場合、第二派、第三派が訪れることが多いです。そして第二派、第三派の方が震度が強いこともあります。油断は禁物なのです

≫続きを読む

 

地震が収まったら

まずすべきことは火を消すということです。料理中やお風呂を沸かしているなどがある場合、すぐに消しましょう特にガスコンロは揺れと同時に燃えやすいものが近くにたくさん散らばることもあります。瞬く間に火が燃え広がりますので素早く火を消すスピードが求められますまた、常にガスコンロの周りに可燃物を置いておかない...

≫続きを読む

 

海が近くの人は津波に注意

海に面している地域のお住まいの方で重要なのが津波の有無です。それが非常に大事なので覚えておいて下さい地震が収まったらすかさずテレビもしくはラジオで津波の有無を確認しましょう。津波の危険がある場合は至急非難です。避難場所、もしくは高台へ一目散で向かってください。貴重品の持ち出しの判断は海の近さ、家のあ...

≫続きを読む

 

ドアや玄関を開ける

地震が収まったらドアや玄関を開けておきましょう。地震が起こることによって家が変形し、ドアや玄関が空かなくて閉じ込められられる場合があるのです窓枠も開けたほうがいい場合もあるのですが、ガラスが割れたりしている可能性もありますし、いざとなればガラスを割って脱出も出来ますので近づかないほうがいいでしょう。

≫続きを読む

 

トイレに逃げ込む

最初の地震が収まった場合、すかさずトイレに入るのが一番です。家の中で一番安全なのがトイレだからです。トイレというのは物が少なく、上には何もなく、四方に柱があるため頑丈に出来ているんです。ですので地震の逃げ場に最適と言えます閉じ込められる場合も加味して扉は開けておいたほうがよいかもしれません

≫続きを読む

 

水をためる

身の安全を確保できた場合にしなければならないのが水の確保です。これは覚えておいて下さい。地震のため水道管に異変が起こり水が出なくなることがあるからです安全を確保できたら地震の第二派、第三派が来る前に素早く風呂、バケツ、シンク、桶などなんでもいいですので、出来る限り水を貯めましょう。飲むためではありま...

≫続きを読む

 

屋内でも靴を履く

地震が起きた場合、しばらくは部屋の中でも靴を履いて生活をしましょう。なぜなら皿やガラスがそこらじゅうで割れているからです。これらを短期間に取り除くのは大変です取り除いたと思っても、残ったガラスの破片で怪我をする確率が高いのです。さらに停電の場合、夜中はより見え難くなるでしょう。ですので靴を常に履いて...

≫続きを読む

 

2階は1階より安全

2階は1階より安全です。大地震では家が潰れて1階部分が押し潰ぶされた例が多いのです。特に木造の建築年数の高い家は2階にいたほうがいいでしょう。ただし、あくまでも予兆の無い場合です。少しでも一階が潰れそうと感じるのなら、避難所に逃げ込んだほうが良いです

≫続きを読む

 

救出活動・救護活動をする

救出活動・救護活動をしなくてはいけない場合があります。震災直後は消防による救出活動がなかなかこない場合も多いですそんなときは住民たちの協力で救助活動を行わなければなりません。けが人の応急処置、まいごの保護、情報の共有、薬箱の提供など自分のやれる範囲でやりましょう町を歩く時はできるだけ声を立てず落下物...

≫続きを読む

 

電話は最低限の人だけ

時間帯にもよりますが、揺れがおさまってすぐはなんとか電話は繋がることが多いようです。震災直後は電話する余裕がない上、震災被害者以外の人が震災をまだ知らなく、心配の連絡、安否の連絡をしないからですですので、最低限の両親・家族・恋人に電話をしましょう。話は簡潔に無事を知らせるだけ。それだけにしてください...

≫続きを読む

 

家を離れるときはブレーカーを落とす

通電火災というのがあります。大地震が発生すると、電力線の断絶などが起こり電気が止まります。その後、電気はガスや水より早くおよそ半日〜3日くらいで大抵復旧します。そのときに起こる火災が通電火災なのです原因は地震による不具合などで、気付かないような部分での発火もあり、気づいたときには火が広がっていること...

≫続きを読む

 

商品の確保

大地震が起きると一時的に交通が麻痺してしまいます。さらに心理として買いだめをしようとする人が現れます。そうなると起こるのが店頭から商品が消えて無くなるという現象です。特に食料品、水、電池などはあっという間に消えてなくなりますそれは震源地からかなり離れていても起こる現象です。東日本大震災で経験した人も...

≫続きを読む

 

噂を信じない

避難の判断は時として生死を分けます正しい情報に基づいた判断をしなければなりません。そのために重要な事は情報の精査です。災害が発生したときにはデマが飛び交いやすいです。毒ガスが吹き出たとか、暴動が起きたとか、救援が遅れるなどなど噂に惑わされてはいけません。主にテレビ、ラジオ、役場等からの情報を中心に集...

≫続きを読む

 

帰宅の判断は正確に

帰宅の判断は重要です。意外と考えない人がいますが、家にムリして帰らなくても良いんです距離にもよりますが、電車などが止まった場合物凄い距離を歩いて帰らないといけなくなります遠距離を無理に帰宅しようとすると、迷ってしまったり、怪我をしたり、二次災害を引き起こす恐れもあります。どこかのホテルに泊まる。会社...

≫続きを読む

 

帰宅方法

帰宅方法も大切です。家から距離のある場所で地震が起こった場合、通常のルートより安全なルートを選択したほうが良い場合もあります距離がある程度ある場合は線路に沿って帰るのが良いでしょう。何より危険な迷子になることを防げます建物などが無い道が良いでしょう。建物周辺はガラスなどが散乱している可能性があります...

≫続きを読む

 

運転中の地震

運転中に地震が起きた場合の適切な行動。まず揺れを感じたら、ゆっくりスピードを落とします。 急ブレーキは禁物です。事故を生みますエンジンを切り、揺れがおさまるまでは車内でテレビ、ラジオの情報に耳を傾けましょう。路肩に止め、交通のじゃまにならないように停車しましょう万が一交通の邪魔なところに余儀なく止め...

≫続きを読む

 

車を使用しない

災害時には車を使用してはいけません。道路は消防車や救急車が最優先ですので使用をやめましょう。それ以前に渋滞(動かない)が発生している可能性が高く、一度捕まったら移動は困難です立ち往生したら家にも戻れないし先にも進めないという詰み状態になります。最悪、車を放置しなければなりません。もちろん次に来たとき...

≫続きを読む

 

道の中心を歩く

逃げる際は道の中心を歩きましょう。なぜなら道の端のほうが危険だからです一番危険なのが高圧電線です。これはかなり危険ですので見つけたら引き返すぐらいでいいと思いますさらにガラス。道の端はお店などのガラスが割れて散乱している場合があります。靴を履いているから大丈夫だと思われますが、割れたガラス片がパラパ...

≫続きを読む

 

火災に遭遇した時の対処法

火災に遭遇した場合の行動は判断が大切です。初期消火ができるようなら初期消火、できないなら避難です火災で本当に恐ろしいのは煙です。焼けるというよりは煙を吸っての死因の方が多くを占めています。まずそれを頭に入れましょう家での場合、初期消火は火が天井に付くと消化より避難を優先するというのが目安になります。...

≫続きを読む

 

ビル・マンションに居た時の場合

高層階では、一軒家より揺れが大きくなります。これは地震の衝撃をあえて揺れることで分散しているのです。ですが揺れが酷いということはそれだけ危険が大きいということでもありますより一層、家具の固定などの地震対策を行わなければなりません対策は一軒家と同じく丈夫な机などの下に身を隠し、揺れが収まるのを待つこと...

≫続きを読む

 

職場に居た時の場合

職場は危険なものが多く、地震での素早い行動が必要になってきますキャビネット、パソコン、棚、本、コピー機などがあり、できるだけ被害が及ばない場所を素早く探さなければいけません一番はやはり机の下に隠れることです。高層ビルのようなところでない場合は普通の強度のガラスを使っている可能性が高く、割れやすいです...

≫続きを読む

 

エレベーターに居た時の場合

エレベーターに閉じ込められた場合、長期戦を覚悟しましょう。と言っても餓死するまで待たされる事はありませんただトイレだけはどうしようもありません。同乗者がいる場合はある程度話し合っておいたほうが良いでしょうエレベーターではいかに冷静でいられるかが鍵になります。まずは落ち着いて、非常ボタンで呼びかけるこ...

≫続きを読む

 

スーパー・デパートに居た時の場合

スーパー・デパートで地震に出会った場合どうすれば良いか?スーパー・デパートは耐久度で言えば一般家庭の家よりはるかに優れていますですので倒壊の心配はありません。その点では安心して地震が過ぎるのを待ちましょうしかし商品という危険物は沢山あります。場所にもよりますがガラス製品や食器などが近くにある場合は素...

≫続きを読む

 

地下街・地下鉄に居た時の場合

地下街の一番の問題点は出口がわかり難いということです。地下ということも不安にさせる要因ですすると人々はパニック状態になりやすいのです。その混乱でケガをする場合があります。パニックになった人の集団には近づかないようにしましょうしかし、地下街も強固にできていますから崩壊する事はまずありえません。揺れは地...

≫続きを読む

 

学校に居た時の場合

学校での地震の対処法。学校は定期的に防災訓練を行っていますので、それと同じように行動するのがベストです教室内では机の下に潜って、落下物などから身を守りましょう。窓に近い位置なら机ごと移動しながら中央へ行く教師が必ずいるでしょうから教師の指示に従いましょう。

≫続きを読む

 

オフィス街・繁華街に居た時の場合

オフィス街・繁華街にいた場合の対策法。オフィス街・繁華街は地震が起こったとき、かなり危険な場所になります一番の問題は、割れた窓ガラスが雨のように振ってくる可能性があるということです。その破片は時速40〜60kmで広範囲に拡散します。その他、看板や電線などとにかく落下物がとにかく怖いですすばやく鞄など...

≫続きを読む

 

山・丘陵地に居た時の場合

山・丘陵地で地震が起こった場合斜面があるのなら落石に注意しなければなりません。さらに土砂崩れが起こる場合もありますので、できるだけ斜面には近づかないようにしますただし、海が近く津波が押し寄せている場合は、高いところに移動するため斜面を駆け上がったほうがいいです安全を確認して行動しましょう

≫続きを読む

 

海岸に居た時の場合

海岸は大地震が起こった場合、かなり危険な場所と言えますとにかく津波が怖いです。すばやく高い場所に避難してください。近くに高台が見当たらない場合は、3階建て以上の建物を探し、3階より上に上がります。津波は繰り返し起こります。第一波を見て安心しないでください。それより高い波が来ることも普通にあります。い...

≫続きを読む

 

川沿いに居た時の場合

川沿いで地震が起こった場合。川沿いは危険です。なぜなら津波は海から川を上ってくるからです。海に近くないから大丈夫だと思わないでください。この場合、津波から逃げるには高いところを目指すのが常道です。が、川が高い場所に続いているのなら、川に対して直角方向に素早く避難しなければなりません。

≫続きを読む

 

電車・新幹線に居た時の場合

電車に乗っている時の地震の対処法。一番危険なのが最初の緊急停止。これは日ごろからつり革をちゃんと持つ、端に寄り体を固定するなどを行っておかなくてはなりません緊急停車になったら、手すりやつり革をしっかり握りましょう。その後大きな揺れが来た場合、座ってしまったほうが体が安定します座席に座っている場合には...

≫続きを読む