地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

自身の住んでいる場所が津波が来やすい場所か調べる

自分の住んでいる地域が津波の被害に会いやすいかを知っておく必要があります

 

想定最大津波高がどれくらいか?津波到達時間はどれくらいか?浸水区域はどこまでか?

 

これが知っておくべき情報です。しかしその数値のみに捉われ過ぎてしまうのも危険です

 

想定はあくまで想定です。東日本大震災の時には安全とされていた場所にも津波が押し寄せてきました。

 

自分の地域を見て、「やった!!家は推定浸水区域じゃない」と高をくくって、何も対策をしていないとなると、その予測を超えた範囲で津波が来たときは最悪のケースになってしまいます

 

さらに、自分の場所が安全と勘違いしてしまうと津波警報が発令されていても「自分の家は大丈夫だ!!」と避難区域に非難しないという愚挙を行う場合があります

 

家に津波が来たときにはもう手遅れです。

 

これらの情報を知るのは危機感を高めるためです。安堵するためではなく、あらゆる情報を入れることで、災害時に最善の判断ができるようにするためのものなのです

自身の住んでいる場所が津波が来やすい場所か調べる関連ページ

基本は地震対策
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難所の確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
普段から側にラジオを用意しておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
シュミレーションする
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族、知り合いを考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家が水没してもいいようにしておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
楽天的に自己判断しない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
周りを基準にしない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
地震の大きさと津波の大きさは無関係
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
津波を侮らない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
警報の前に来る津波もある
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方