地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

普段から側にラジオを用意しておく

普段から側にラジオを用意しておきましょう。津波は情報が大切です。常に最新の情報がわかるよう側に置いておきましょう

 

「テレビでいいじゃないか」と思うかもしれませんが、停電した場合、テレビは無力です。

 

停電でなくても、東日本大震災クラスの震度ならテレビは倒れ、配線は切れ、コードも切れる。テレビが使えるという保障は何処にも無いのです

 

「携帯があるからいい」。確かに今では携帯の最新機種なら最新の地震、津波情報を伝えてくれます。ですが携帯はすぐ電池が切れます。

 

避難場所での情報は常に必要ですから、かなりの時間使わなくてはいけません。携帯では心もとないのです
ラジオを側に置いておくのが一番です。そして予備として携帯に最新地震津波情報を得られるアプリを入れておくとなお良いでしょう

普段から側にラジオを用意しておく関連ページ

基本は地震対策
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
自身の住んでいる場所が津波が来やすい場所か調べる
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難所の確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
シュミレーションする
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族、知り合いを考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家が水没してもいいようにしておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
楽天的に自己判断しない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
周りを基準にしない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
地震の大きさと津波の大きさは無関係
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
津波を侮らない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
警報の前に来る津波もある
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方