地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

地震が起こる前の対策集一覧

地震が起こる前の対策集一覧記事一覧

備蓄品を備える

地震が起こったときのために備蓄品を備えることは必須です。特に水と食料の確保は絶対に行っておいてください大地震が発生した場合、普段あたり前のようにしていることができなくなる場合が普通に起きえます援助が来るにしても、来るまでの日数は自分達で何とかしなければなりません。目安として最低限3日間程度の水と食料...

≫続きを読む

 

震災時に必要なものを揃える

ここでは震災時のために備えておくべきものをご紹介します。家族構成、地域などによって必要なものは異なりますので、自分や家族が必要だと思うものを考えて準備しましょう。飲料水と食料は必須です。各自好みで選びましょう。防災セットこれ一つあれば大丈夫という安心感があります。必要最低限のものはすべて入っており、...

≫続きを読む

 

家具の転倒の防止対策を行う

家具の固定は基本中の基本です。実際、家具に押しつぶされて亡くなった方は恐ろしいほどいます。タンスが倒れて全身骨折。家族が見つけるも、救助は他に手いっぱいでなかなか来ず。数時間激痛にさいなまれながらショック死。考えただけでもゾッとします。ですからしっかり家具を固定しておきましょう。転倒防止アイテムは色...

≫続きを読む

 

寝室に家具を置かない

寝室に背の高い家具を置いてはいけません。寝ているときに家具が落ちてきたら致命的です。特に夜中。真っ暗な部屋で、熟睡していたら絶対対処できません。今までの大震災で多かった死に方には、寝室での家具による圧死がかなりの割合を占めています。寝室に背の高い家具を置くのはやめましょう。ただ、置かないのがベストな...

≫続きを読む

 

家庭での防災会議

大地震が起きた際、家族が慌てず行動、合流できるよう、日頃から話し合い、情報を共有しておきましょう。家族といえど、毎日ずっと一緒にいるわけではありません。父は会社へ、子供は学校へ、母は買い物へ震災の場合、携帯などの通話機器は通話者が殺到するため回線がパンクし通話できませんですので合流方法、とる行動をあ...

≫続きを読む

 

貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく

地震、津波の被害によっては、緊急に避難をしなくてはいけません。避難をする時に持ち出す貴重品・必要品をあらかじめ準備しておきましょう。貴重品をもっていくヒマはない、という意見もありますが私はそうは思いません。現に東日本大震災の時には残念なことに火事場泥棒が沢山現れました高価なもの、通帳などは津波で一刻...

≫続きを読む

 

揺れて落ちることを前提に配置する

揺れて落ちることを前提にものを配置する。めんどくさいですが大切です大地震の揺れは凄いものがあります。タンスの引き出しが落ちてくるぐらいですから、ちょっとした戸棚なんかはあっという間に開いて、お皿が滝のように降ってきます基本的に重たいもの、割れると危ないものなどはできるだけ上の部分に置いておかないでく...

≫続きを読む

 

自宅の脱出ルートを考える

自宅の脱出ルートの確保を考えましょう。考え方としてはあらかじめ作っておくという姿勢が大事ですさらに地震により、ドアが開かないなどが考えられるので、避難経路は複数のルートを考えておきましょう。まず第一に脱出通路に荷物を置かない。例え普段障害にならないものでも地震後には散乱して身動きが取れなくなる場合が...

≫続きを読む

 

避難先を確認する

震災時、避難所に行くためには避難路を知っていなくてはいけません。まずはその確認から始めましょう。地域によって違いますが必ず避難場所が地域によって指定されているはずです。家からの最短ルートをあらかじめ確認しておきましょうそして、家族で共有しておきましょう。避難場所、避難ルートを知っておけば素早い集合が...

≫続きを読む

 

防災活動へ参加する

防災活動への参加を行っておきましょう。いざという時に参加したほうが迅速に行動できます。防災訓練などの地域の防災活動が定期的にやっているはずですから積極的に参加しましょう。けが人の処置、人工呼吸や心臓マッサージ、消火器の使い方など知らなければならないことを知らない人は多いです特に、初期消火や救出救助活...

≫続きを読む

 

家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく

震災の時、家族が離ればなれで被災したときは安否の確認が非常に難しいです。ですのでお互いの安否の確認手段をあらかじめ考えておきましょう。携帯電話は回線が混雑するため、おそらく使えないでしょう。そのため、公衆電話等から利用できるNTTの「災害伝言ダイヤル171」もしくは携帯電話の「災害用伝言板」などのサ...

≫続きを読む

 

ガス製品から電気製品に変えていこう

ガス製品と電気製品では電気製品のほうがいいです。それはなぜか?それは復旧速度の差です電気系統は比較的早めに復旧する傾向があります。しかしガスは、状況にもよりますが復旧が遅れる可能性が高いです。ですので、特にこだわりが無ければ普段から、電気ポット、電気エアコン、電磁調理器などを使っていたほうがいいでし...

≫続きを読む

 

火災に備える

地震で怖いうちのひとつが火災です。映像で見たことがあると思います。ヘリコプターの映像で火災が何件も起きている映像です震災での火災で一番怖いのが、消防車が到着しないことです。大震災では交通網はマヒします。多くの車が渋滞、事故の多発、さらに放置されますから消防車がスムーズに到着する事は難しいのが現状です...

≫続きを読む

 

耐震診断を受ける

住宅の耐震診断を受けるのも大切です。特に昔からある家などは一度見てもらったほうがいいでしょう昭和56年以前に建てられた建物は、古い耐震基準で建てられているため、今の基準で言えば危険な家というのがたくさんありますまた、昭和56年以降に建てられた家であっても、老朽化、悪徳業者の手抜き建築、地盤の沈下など...

≫続きを読む