地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

家庭での防災会議

大地震が起きた際、家族が慌てず行動、合流できるよう、日頃から話し合い、情報を共有しておきましょう。

 

家族といえど、毎日ずっと一緒にいるわけではありません。父は会社へ、子供は学校へ、母は買い物へ

 

震災の場合、携帯などの通話機器は通話者が殺到するため回線がパンクし通話できません

 

ですので合流方法、とる行動をあらかじめ共有しておきましょう。

 

他にも個々に合わせて様々なケースを想定し話し合っておきましょう。

 

家の中でどこが一番安全か

特に小さいお子さんがいる場合は安全な場所を教えておきましょう。また、安全なエリアというのをあらかじめ作っておくといいでしょう

 

避難場所、避難路

道路が分担、電車が止まるなどして家に帰れない場合があります。その場合適切な避難場所、安全なルートを話し合っておきましょう

 

たとえ合流できなくても避難場所を知っているというのは安心できます

 

非常持出袋はどこに置いてあるか

非常食、水の場所をあらかじめ教えておきましょう。また、救急箱の場所なども教えておくといいでしょう

家庭での防災会議関連ページ

備蓄品を備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
震災時に必要なものを揃える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家具の転倒の防止対策を行う
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
寝室に家具を置かない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
揺れて落ちることを前提に配置する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
自宅の脱出ルートを考える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難先を確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
防災活動へ参加する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
ガス製品から電気製品に変えていこう
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
火災に備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
耐震診断を受ける
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方