地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく

震災の時、家族が離ればなれで被災したときは安否の確認が非常に難しいです。ですのでお互いの安否の確認手段をあらかじめ考えておきましょう。

 

携帯電話は回線が混雑するため、おそらく使えないでしょう。そのため、公衆電話等から利用できるNTTの「災害伝言ダイヤル171」もしくは携帯電話の「災害用伝言板」などのサービスを利用します

 

あらかじめ家族で話し合い伝言板の活用方法を知っておきましょう。

家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく関連ページ

備蓄品を備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
震災時に必要なものを揃える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家具の転倒の防止対策を行う
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
寝室に家具を置かない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家庭での防災会議
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
揺れて落ちることを前提に配置する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
自宅の脱出ルートを考える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難先を確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
防災活動へ参加する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
ガス製品から電気製品に変えていこう
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
火災に備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
耐震診断を受ける
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方