地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

自宅の脱出ルートを考える

自宅の脱出ルートの確保を考えましょう。考え方としてはあらかじめ作っておくという姿勢が大事です

 

さらに地震により、ドアが開かないなどが考えられるので、避難経路は複数のルートを考えておきましょう。

 

まず第一に脱出通路に荷物を置かない。例え普段障害にならないものでも地震後には散乱して身動きが取れなくなる場合があるので注意しなければいけません。

 

夜の場合を考える。地震が夜起きた場合、一気に脱出が危険になります。枕元には懐中電灯を必ず常備しておきましょう

 

また夜中にガラスや皿の破片を見極めるのは困難です。スリッパなどを用意しておくといいでしょう。

 

2階3階からの脱出経路を確保する。上の階にいると脱出の障害が多くなります。そして最も危険なのが火災です。

 

一階(キッチンなど)からの火災では煙が上へ昇ったり、脱出困難になる場合があります

 

窓からの脱出用にロープや縄はしごを用意しておくと安心です。

自宅の脱出ルートを考える関連ページ

備蓄品を備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
震災時に必要なものを揃える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家具の転倒の防止対策を行う
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
寝室に家具を置かない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家庭での防災会議
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
揺れて落ちることを前提に配置する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難先を確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
防災活動へ参加する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
ガス製品から電気製品に変えていこう
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
火災に備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
耐震診断を受ける
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方