地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

備蓄品を備える

地震が起こったときのために備蓄品を備えることは必須です。特に水と食料の確保は絶対に行っておいてください

 

大地震が発生した場合、普段あたり前のようにしていることができなくなる場合が普通に起きえます

 

援助が来るにしても、来るまでの日数は自分達で何とかしなければなりません。

 

目安として最低限3日間程度の水と食料品は備蓄しましょう。

 

水の重要性

被災直後の水のあるなしは非常に切実な問題です。何を差し置いても水だけは備蓄しておいて下さい。

 

水道水が出なくなった場合、給水車が来るまでの何日間を水なしで生活しなければなりません

 

人間は水を一滴も飲まないと、4〜5日程度で死んでしまいます。命に直結することですので、常に確保しておいて下さい

 

人間が飲料水として必要な水は、1日あたり1.5〜2リットル程度で、ペットボトル1、2本相当です。

 

それを家族人数×3日分とカップラーメンなど用に余分に用意しておくといいでしょう

備蓄品を備える関連ページ

震災時に必要なものを揃える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家具の転倒の防止対策を行う
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
寝室に家具を置かない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家庭での防災会議
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
揺れて落ちることを前提に配置する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
自宅の脱出ルートを考える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難先を確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
防災活動へ参加する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
ガス製品から電気製品に変えていこう
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
火災に備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
耐震診断を受ける
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方