地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく

地震、津波の被害によっては、緊急に避難をしなくてはいけません。避難をする時に持ち出す貴重品・必要品をあらかじめ準備しておきましょう。

 

貴重品をもっていくヒマはない、という意見もありますが私はそうは思いません。現に東日本大震災の時には残念なことに火事場泥棒が沢山現れました

 

高価なもの、通帳などは津波で一刻を争う時以外の場合は持っていくほうが無難でしょう。

 

その他、必要品も避難生活にはあったほうが便利です。備蓄品は避難所にいけば配給されるでしょうから重要度は低いです(長期の場合です。避難してすぐは配給されません。ある程度の水と食料は持ち込みましょう)

 

それでも甘いものなどが恋しくなる場合もありますから、飴など持っていくといいでしょう。

 

必要品は玄関や寝室など持ち出しやすい場所にあらかじめ配置しておきましょう。背負えるリュックにあらかじめ入れておくと、いざという時にすばやく行動できます。

 

貴重品。必要品には以下のようなものがあります。

 

貴重品

現金
身分証明書
印鑑
通帳
保険証
高価な品(宝石。株券など)

 

必需品

飲料水(1人1日3リットルが目安)
非常食(缶詰・お菓子等) 
携帯電話と非常用充電器
娯楽品(精神的に安定します。電気の使わない品が適切です)
ラジオ
メガネ(予備も用意)
生理用品(必須) 
マスク(防寒や、女性は化粧を出来ませんので)
防寒着、毛布
使用している薬
電池

 

必要品

ティッシュ
タオル
懐中電灯 
カイロ
雨具
軍手、手袋
ライター
布テープ、ガムテープ(多用できる)
帽子 
輪ゴム
ホイッスル(発見率が劇的に上がる)
携帯用アルコールスプレー、除菌ペーパー

貴重品、必要品をあらかじめ準備しておく関連ページ

備蓄品を備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
震災時に必要なものを揃える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家具の転倒の防止対策を行う
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
寝室に家具を置かない
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家庭での防災会議
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
揺れて落ちることを前提に配置する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
自宅の脱出ルートを考える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
避難先を確認する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
防災活動へ参加する
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
家族が離ればなれで被災したときを考えて、お互いの安否の確認手段を考えておく
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
ガス製品から電気製品に変えていこう
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
火災に備える
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方
耐震診断を受ける
姉妹サイトの病気、事故、犯罪助かり方