地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

津波の被害ランキング

明治以降に起きた日本の主な津波被害

 

東日本大震災 
2011年 M9.0 津波38m 死者 約2万人

 

明治三陸地震
1896年6月15日 M8.25 本州で過去最大の38.2メートルの津波。死者約2万2000人

 

関東大震災
1923年9月1日 M7.9 熱海で最大12メートルの津波

 

昭和三陸地震
1933年3月3日 M8.1 最大28.7メートルの津波が太平洋岸を襲い、死者・不明3064人

 

東南海地震
1944年12月7日 M7.9 熊野灘などで6〜8メートルの津波。死者・不明1223人

 

南海地震
1946年12月21日 M8.0 静岡県から九州の海岸で最大6メートルの津波。死者1330人

 

十勝沖地震
2003年9月26日 M8.0 北海道、本州の太平洋岸で最大約4メートルの津波を観測

 

日本海中部地震
1983年5月26日 M7.7 秋田、青森など全国で死者104人。うち100人が津波で亡くなった

 

北海道南西沖地震
1993年7月12日 M7.8 地震発生直後に北海道奥尻島で最大約10メートルの津波。死者202人

 

 

明治以降に起きた海外の主な津波被害

チリ地震
1960年5月23日 M9.5 24日未明から津波が日本各地に到達。高さ最大6メートルに達し、国内の死者・不明142人、家屋1500軒以上が全壊

 

パプアニューギニア地震
1998年7月17日 M7.1 推定最大15メートルとみられる津波が発生。死者約2700人

 

インド洋大津波
2004年12月26日 M8. スマトラ沖地震に伴う大津波でインド洋、アフリカ東海岸まで12カ国で死者・行方不明者28万人以上に

 

ジャワ島沖地震
2006年7月17日 M7.2 最大約7メートルの津波。インドネシアで死者約700人