地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

関東(東京)と地震

日本の首都として、また日本で一番住居者が居る東京。しかし、東京は大地震の危険性が最も高いとされる県の中の一つです

 

東京と言っても様々です。大都心の場所もあれば、木造住宅が並ぶ地域もある。地盤が強い場所、活断層が通っている場所などなど

 

その東京の中にも地震の被害が大きいと予想される場所があります。自宅が東京の方はお住まいの地域が地震no
被害が大きいと予想されているかどうかチェックしておきましょう

 

東京都に地震が発生した時の地域危険度ランキング

今年(2008年)、東京都では約5年ぶり6度目の「首都地震」発生の際の街(町や丁目ごとに約5千ヶ所の調査)の「建物倒壊危険度」「地震火災危険度」「総合危険度」からなる地域危険度測定調査を行いランキング形式で公表しました。

 

地震に関する地域危険度測定調査(第6回)(平成20年2月公表)[東京都都市整備局]

 

地震に関する地域危険度測定調査(第5回)[東京都都市整備局]

 

最新:東京都 地域別 危険度一覧表 2008年2月公表

 

  • ワースト30/東京都で最も地震に脆弱な地域ランキング

東京都の全5,099地域中、最も地震に弱い危険地域

  • ベスト30/東京都で最も地震に強い地域ランキング

東京都の全5,099地域中、最も地震に強い安全地域

 

 

地震に関する地域危険度測定調査(平成20年2月公表)

 

地域危険度測定調査は、東京都震災対策条例(当時は震災予防条例)に基づき、概ね5年ごとに行っており、6回目となる今回は、都内の市街化区域の5,099町丁目について、各地域における地震に関する危険性を、建物の倒壊及び地震による火災について測定しました。

 

本調査では、地震の揺れによる以下の3つの危険性を町丁目ごとに測定しています。

 

建物倒壊危険度 (建物倒壊の危険性)
火災危険度 (火災の発生による延焼の危険性)
総合危険度 (建物倒壊や延焼の危険性)

 

なお、地域危険度はそれぞれの危険度について、町丁目ごとの危険性の度合いを5つのランクに分けて、以下のように相対的に評価しています。