地震 津波 大震災 地震雲 防災 前兆 予測 速報 被災 生き延び方 助かり方

地震のメカニズム

そもそも地震が起きる原因とは何なのでしょうか。それは、地球の表面を覆っているプレートと呼ばれる巨大な岩盤が要因になります。

 

プレートは地球を覆う膜のようなもので、約10数枚が集まって地球を包んでいます

 

それが、それぞれが違う方向に、年間数cmの速度で少しずつ移動しています。

 

すると、所々に圧力が加わり、それが極限まで達してしまうと、元に戻ろうとするパワーが爆発し衝撃となって揺れを起こします

 

これが「地震」と呼ばれているものなのです。

 

その発生メカニズムによって大まかに分けると海溝型(海洋型)地震と直下型(内陸型)地震の2つに分けられます。

海溝型(海洋型)地震

海溝型地震は、プレートの境界部で発生するもので、海のプレートが海溝で沈み込むときに陸地のプレートの端が巻き込まれます。

 

やがてその歪みが限界に達すると、元に戻ろうと跳ね上がる力によって大地が揺れ、地震が起きます。

 

このタイプは地震の規模も大きく、被害も出やすいです

 

直下型(内陸型)地震

日本列島付近は、陸プレートと海洋プレートがぶつかり合うため、陸プレートの内部にも大きな圧力が常に加わっています

 

その圧力が高まると、内陸部の地中にある圧力に弱い部分がプレート内部で耐え切れなくなります。そうすると大きな揺れに繋がるのです

 

この地震は、我々が住んでいる所の真下が震源地にもなることから「直下型地震」、「内陸型地震」と呼ばれます。

 

直下型地震は、プレート内に蓄積された歪み(=活断層)によって起こるものですが、この活断層は日本各地に存在します。

 

つまり日本にいる限り、地震の可能性から逃れる事はできないのです